へろきみち

福岡からの旅行やおすすめ情報を中心に、みなさんに共有したい情報をつらつらと書いていきます。たまにIT系の情報も書きます。どうでも良い話を書いてることもあるのでご容赦ください。

AWS資格「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」を一から勉強して合格した方法

どうも、へろきです!

AWS」って何?って状態の私に、会社から「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」の資格を取得するように言われ、約1ヶ月で無事取得できた際の勉強方法を残しておきたいと思います。

 AWSの公式サイトでサービスを知る

AWSamazonが提供する150以上のクラウドサービス群のことですが、それらのサービスを理解する必要があります。

どのようなサービスがあるかは、AWS クラウドサービス活用資料集のサービス別資料集がオススメです。(下記サイトのサービス別資料集の部分)

AWS クラウドサービス活用資料集 | AWS

こちらのサイトでは一つ一つのサービスを分かりやすく動画で説明してくれます。

沢山ありすぎるので特に学んだ方が良いサービスを列挙しておきます。

☆マークは特に押さえておいた方が良いです。

 

AWSの研修を受ける

続いてAWSが主催している「Architecting on AWS」という研修に参加しました。3日間の研修です。こちらの研修で試験範囲はほとんど網羅できます。

Architecting on AWS - AWS トレーニング | AWS

こちらの研修より前に「AWS Technical Essentials」を受講しても良いかもしれませんが、私は受けていませんので、事前に公式サイトでサービスを勉強してれば大丈夫と思います。

 

サンプル問題を解く

AWSの公式サイトに試験ガイドとサンプル問題があります。一応解いてみました。 

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト | AWS

 

模擬試験

2000円で模擬試験を受けました。なんとか合格できそうだと自信をつけました。

また模擬試験の問題で分からなかったところは、サービス別資料集を再度確認して勉強し直しました。

AWS クラウドサービス活用資料集 | AWS

 

本試験

いよいよ当日です。当日は少し早めに会場に行って試験を受けました。一斉に開始する試験ではないため、早く着いたら早く始めさせてくれました。

結果は無事合格!(スコアを確認すると余裕ではなかった・・・。)

 

試験の感想と問題の傾向

真面目に勉強せずに受けたら落ちる可能性が高いです。受験料もそれなりにするのでしっかり準備して受けた方が良いと思います。

問題の傾向としては、ストレージに関する問題やオートスケーリングに関する問題が多く出た気がします。上に列挙しているサービスを中心に勉強してみてください。

 

以上、【AWS資格「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト」を一から勉強して合格した方法】でした!

これから受験する人の参考になれば幸いです!